アンノウンスカウト物語

更新日:2018年4月7日

アンノウンスカウト…直訳すると、「誰も知らないスカウト」「誰だかわからないスカウト」。

次の物語は、実際にあったお話です。ボーイスカウト精神を非常によく表しているお話として、ボーイスカウト研修のテキストにも載っています。

ベーデン・パウウェル卿が行った1907年の実験キャンプから、わずか2年後の物語です。


**********************


 1909年の秋のことでした。イギリスの都ロンドンは、この日も一日中濃い霧に包まれていました。


 アメリカのイリノイ州シカゴからロンドンに来た出版業のウィリアム・ボイス氏は、市の中心部で、ある事務所を探していましたが、道がわからなくて困り果てていました。そのとき霧の中からひとりの少年が近づいてきました。

「何かお役に立つことがありますか?」と少年は言いました。

事務所がわからなくて困っていることがわかると、少年は先に立って、その事務所までボイス氏を案内しました。